管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
2トントラックのパンク
朝方は晴れていましたが、昼頃から雲が多くなりました。
そして一時パラパラと雪も降るという、忙しい、そして総じて寒い一日でした。
何しろ強烈な寒波が来ていますからね。
明日と明後日の週末は栃木でもいくらか雪が降るような予報も出ています。
念のために発電機の試運転をしておきました。


午前中、栃木県漁連のアユ種苗センターに2度目の稚鮎の仕入にいきました。
今回の鮎は、ダム湖産型のF8。平均サイズ1.2gのものを60000尾です。

順調にトラックへの積み込みが終わり、さあ戻ろうとした時です。
種苗センターの職員から「タイヤがパンクしてますよ」と止められました。
見ますと、左の後輪、ダブルタイヤの内側がしぼんでいます。
そのため外側のタイヤに負荷がかかっていて、接地部分がかなり潰れた状態に。
トラック全体を後から見ると、左側が少し沈んでいるのが分かります。
2トントラックで初めてのパンク経験です。

タイヤ交換が必要な訳ですが、荷を積んでいてとてもジャッキアップは無理。
そこで、種苗センターにあるフォークリフトを借りて後から荷台を持ち上げて行うことに。
ところが今度は、タイヤ交換するための道具が足りないことに気付きました。
これではダメだということで、結局JAFに来てもらって交換してもらいました。

2901131.JPGで、その様子を見ていて今更ながらに気付いたことが
トラックの左側のタイヤねじは逆回しになっている
ということです。
普通はねじを開ける場合は左に回しますが、右に回さないと開けられないようになっているんですね。
恥ずかしながら、最初自分たちで外そうとした時に一生懸命逆回ししていました。

何はともあれ無事に稚鮎を養殖池に放すことが出来ました。
今回ラッキーだったのは、出発前にパンクに気付いたことです。
昨年、同業者が種苗センターから稚鮎を積んで新4号線を走行中にタイヤがバーストして、死ぬような思いをしたということがあったそう。
また、業者を呼んで再び走れるようになるのに数時間も要したとも。
生き物を積んでいる訳ですから、気が気じゃ無かったでしょうね。

改めて、走行中じゃなくて良かったと思いました。



ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.