管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
6月
6月になりました。
那珂川の鮎釣りも解禁です。
Yahoo!を見たら、トップページに『鮎シーズン到来!』と写真付きで出ていましたので、てっきり「那珂川か!?」と思いましたが、東京の多摩川のことでした。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000030-minkei-l13.view-000
鮎の漁獲量としては那珂川の方が上ですが、知名度では多摩川なんでしょうかねぇ。


今年の那珂川は冬の降雪が少なかった影響か水量が少なく、さらに今日雨も降り濁ったこともあってか、良い釣果の話は聞こえてきません。
まあ、那珂川の場合は例年解禁は良くありませんから、「いつも通り」ということでしょうか。
漁協の方々は肩を落としていらっしゃるでしょうけど。

どちらかというと、と言うより圧倒的に、うちにとっては明後日3日からの鬼怒川解禁が重要です。
特に解禁日の釣れ具合が、うちの夏の売上に直結すると言っても良いくらいです。
おとり鮎はすでに準備しています。しかも、昨年よりも大きいおとり鮎を提供できそうです。
で、その鮎の系統は12月に仕入れた『那珂川産型』。いつものダム湖産型とは少し性格が違うかも知れません。
この那珂川産がおとり鮎としてどれだけのパフォーマンスを見せるか。
鬼怒川に放流されたダム湖産型F1の釣れ具合とともに、楽しみの一つでもあります。


昨日までルアーフライ池で行っていました【特別エサ釣り】が昨日で終了しました。
5月なのに真夏日になるなど、ちょっとニジマス釣りには厳しい陽気が続きましたね。
そんなこともあり、まだまだ魚は残っているようです。

もし釣りをしたい方がいらっしゃいましたら、無料で釣りをしていただいて結構です。
もちろん、釣られた魚はお持ち帰りいただきます。
残っていても夏には死んでしまいますから。
ただし、ゴミだけはうちに残さないでこれもお持ち帰りいただきます。

ただ、今日から注水は止めてあります。
唯一池の北東の角のパイプから、ほんの僅かの水が入ってきているだけになります。
これは、夏の間に減水しないためのものです。
そのため水温はこれからドンドン上昇していくでしょうから、いつ頃まで釣れるかも分かりません。
取りあえず、今月の1〜2週ぐらいまでが釣りになるのではないでしょうか?
ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.