管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
サクラマス人気
今朝も水温は9.5℃と今シーズンの最低水温を2日連続で更新しました。
思えば、これまでのシーズンは水温が10℃を下回るのは雪が降った次の日と決まっていたような。
風だけでここまで低くなるのは初めてのような気がしますね。


それでも今日は多くのお客様にご来場いただきました。
バレンタイン週間特別ペアチケットのご利用も10組ありましたので、それだけでも多いのですが、やはり何といってもサクラマスの特別放流が大きかったと思います。
シーズン中は様々な魚種を特別放流として行っていますが、その中で最もお客様の反応が良いのがサクラマスなのです。
人気があるのですね。
ここ数年は『サクラマスの呪い』などと言っているように、天気が悪いことが多く、通常状態で放流翌日を迎えることがなかなかありません。
それでも今日のように良いお天気に恵まれると、多くのお客様に来ていただけます。

嫌らしい話ですが、管理釣り場側からすれば、
「サクラマスは人を呼べる」魚なのです。
あ〜、言っちゃった。

実は1月18日に来場されたフォレストの赤羽根氏との会話の中でもこのことは出てきていました。
http://masui-fish.com/tsuriba/post_930.html
私が「お客様の多い釣り場の特徴は何だと思いますか?」と聞くと、ちょっと考えて
「サクラマスが入っていることです。」とお答えになったのでした。
心の中で「さすが! 気付いてる!」と感心してました。

そんな訳で、管釣り間でのサクラマス争奪戦がおきています。
サクラマスの養殖をしているところは限られているため、現在はモノ不足状態です。
当場でも今シーズン中は3月のフリーパス争奪戦用に放流するだけしか確保できていません。


おそらく来年以降は、サクラマスの養殖をするところが増えることでしょうから、多少は解消されるとは思います。
でも、それ以上に需要が増える可能性もありますから、今のうちに色々考えておかなくてはなりませんね。


ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.