管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
戦略的
良く晴れた日曜日(嬉泣)
今シーズン2回目のフリーパス争奪戦を行いました。
ターゲットはサクラマスです。
http://masui-fish.com/event.html

優勝は高校生の久万様。
昨シーズンの3月に続きサクラマス戦2連覇です。
トータルでも3度目のフリーパスゲットとなりました。
また準優勝の斎藤様も同様に3度目のゲット。お二人とも流石ですね。

奇しくも、今回そのお二人は管理棟側インレットから北に7~8m辺り。
対岸同士のほぼ同じ位置でした。


驚いたのが、久万様の使用ルアーがスプーンだったことです。
ミノーをトゥイッチやジャークしてサクラマスを狙う方が多いなか、1.9gのスプーンで表層を早引き。
これを戦略的に行っていたとしたら「スゴイ!」としか言いようがありません。



あぁ、それにしても。
何をやってるんでしょうか? 秋田県警。
漂着したと言われる北朝鮮の木造船が行方不明になってしまったことです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000522-san-soci
今の北朝鮮をめぐる世界の動きをどう捉えているのでしょうか。
あまりにもお粗末すぎます。おめでたいです。
世界中から笑われますね。
本来ならテレビカメラの前で署長が謝罪しなくてはならないような問題です。

マスコミの報道の仕方もおかしい。
相撲界のことなんかよりもこっちの方がずっと重要でしょう。

乗っていたのが本当に漁師なのか?
本当に8人だけだったのか?
本当に単なるイカ釣り漁船だったのか?
一体どれだけあの船に情報が詰まっていたことか。
それをみすみす失ってしまった。

大体今回のことが明らかになったのは、船に乗っていた彼らが民家を訪れたことで世間に知られたんです。
もしそうじゃ無かったら、全然分からなかったことです。
こんなことでは、工作員が上陸し放題ですよね。
これまでに大勢の拉致被害者が出ている日本海側にもかかわらず、防衛意識が低すぎるように思います。

もし今回のことを北朝鮮が今後のことを見据えて戦略的に行っていたとしたら、いやそうじゃなくたって、日本の弱点を見透かされてしまいましたね。





ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.