管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
関心
OPENから丸3週間が経ちました。
今シーズンは、これまでのシーズンには無いようなお客様の動きになっています。
ぶっちゃけて言いますと、お客様が少ないのです。
平日も土日祝日も同様です。

通常ですと、管理釣り場シーズン開始直後の10月は多くのお客様で賑わいます。
当場の場合は、平日だと20~30名、土日だと80~100名(OPEN日を除く)というのがここ数年の数字です。
それが今シーズンは、それぞれその半数近くまで少なくなっているのです。
「もしかして、うちだけのことだろうか?」と心配になって他の釣り場に直接聞いたり、お客様にそれとなく他の状況を聞いてみると、やはりどこも同じように少ないという答えをもらいます。
もちろん、以前と変わらずに盛況な所はあるとは思いますが、30年ほど営業している当場にとっては、数字的には最初の1~2年目に近い、つまり30年近く前と同じような状況になっていると言えます。

釣り人の関心が薄れているのでは無いか?
このことは、来場者数だけでなく当場のホームページ閲覧数にも表れています。
グーグルアナリティクスで調べると、閲覧数は昨年同時期よりも毎日約100名ほど少なくなっています。

これは、管理釣り場だけのことなのか、それとも、全体的なことなのか?
色々考察することは出来ます。
例えば、うちは夏場は鮎のイベントで道の駅やレジャー施設などに出店しますが、
今年はどこの会場も、総じて昨年より来場者が少ないと感じていました。
もう、ゴールデンウィークの頃からです。
まあ、天候や連休の絡みも影響してるとは思いますが。

また、今日のフェイスブックにも少しこのことを書きましたら、サービス業をされている方から
今年は日曜が暇です」とのコメントをいただきました。
やはり全体的な事なのかもしれないと思えてきます。

実際にはハッキリしたことなど分かりませんが、初めに書きましたように
これまでとは違う
と感じているわけです。


ぶっちゃけて書いてしましましたが、これから例年並みになるのかは、今のところは何とも言えません。




ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.