管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
鮎放流2

2回目の稚鮎の放流を行いました。

今日は、小倉川漁協の清洲地区と西方地区です。

サイズは9.6g、量は464kg。尾数にして約48000尾になります。

 

鮎の放流の際に注意することの一つに、水温があります。

この時期の河川水の温度は、場所にもよりますが大体10ー12℃ほど。

鮎を飼育している地下水の温度が17℃前後です。

その水温差のまま放流すると、鮎が一時心臓麻痺のような状態になり、川で暴れてあらぬ方向に泳いでいき、場合によっては岸に乗り上げることもあります。

死ぬことは無いのですが、放流地点から下ってしまうことが多いです。

漁協の人たちに与えるイメージも悪いです。

ですから、そうならないように、トラックの水槽に鮎を積んだら、そこに氷の固まりを20kgぐらいずつ入れます。

放流現場に着く間に、徐々に水槽の水温を下げていくわけです。

水温差が3℃以内になれば、暴れることなく元気に泳いでいきます。

 

今日見た感じでは、川の水量はやや少ないようでした。

石に青ノロも付いていました。

「エサは大丈夫かな?」と思いました。

今夜から明日にかけて降る雨は、放流された鮎にとっては環境が良くなる恵みの雨になりますね。

 

ただ!

明日は、今シーズン最後の『フリーパス争奪戦』です。

あまり気合いを入れて降って欲しくないですね。

 

ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.