管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
投稿サイト
土日と強い風が吹きましたが、今日はより穏やかに感じました。
それでも、時折吹く弱い風が冬の寒さを思い出させます。
まだまだ、冬本番の真っ直中です。



「つまようじ混入少年」が捕まりましたが、何なんでしょうね、コレ。
結局は、万引きやいたずらを装った愉快犯のようです。
要は、世間を騒がせて目立ちたかったんでしょうね。
今は、Youtubeのような動画サイトやFacebookをはじめとするSNSがあり、誰でも簡単に情報発信が出来る時代です。
彼のような輩がこれからドンドン増えてくることが容易に予想できます。
それにマスコミが乗っかり、しかも1社が取り上げると我も我もと報道しますから、警察も動かざるをえなくなる。
あんなのに「指名手配」だって!
阿呆くさいです。

また、それをマネするバカが現れる・・・
自分の葬式の時に、参列した人たちに
「こいつは若い頃、人がやった犯罪マネして得意がってたんだって」なんて言われたいんでしょうかね?
それも生き様ですから、大きなお世話なんでしょうけど。



ペヤングやマクドナルドの異物混入問題も、投稿サイトから発覚し問題が大きくなりました。
これまでだって食品への異物混入などはありました。
商品に問題があった場合には、メーカーに直接そのものを送ると、メーカーから詫び状と商品+αを送ってきました。
消費者とメーカーの直接のやり取り。それでお終い。
大体が、100%何も無いなんてあり得ません。
それが、投稿されることによってオープンにされます。
そして、ミスが裁きの対象になるわけです。
もちろん、こうしたことでミスが減ってくれるのは良いのですが、下手したら潰れるまで行きます。
中国の毒入り餃子や病死豚肉のことを思うと、「そんなんで、ここまでの話になる?」というのが正直な感想です。

ちなみに、うちも鮎の加工品を販売しています。
今まで以上に注意を払うようになったのは言うまでもありませんが。


笑い話(になるかどうか)を一つ。
取引しているヤナでの話ですが、焼き鮎を食べたお客様から、
「鮎の胃の中に小砂利が入っていた」とクレームが。
それに対し、
「鮎ですから。そういうこともありますね。」
これで終わったそう。





ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.