管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
一段落
今日は、『おじか・きぬ漁協』へ10gサイズを140kg。尾数にして14000尾の鮎を放流しました。
いやー、さすがに三依は遠かったですね。もうすぐ福島との県境ですから。
でも、とてもきれいな所で「観光で来たいな」と思いましたね。
帰りに道の駅湯西川でそばを食べてきました。
http://www.michinoeki-yunishigawa.jp/

今日の放流をもって、今年の栃木県漁連による鮎放流事業の当社の割り当て分が全て終了しました。
アユ種苗センターからの稚鮎の仕入が350000尾でした。
放流は
・4月5日   7.8gを200kg(25600尾)    小倉川漁協
・4月21日 4.9gを150kg(30600尾)  黒川漁協
・4月24日 5.4gを350kg(64800尾)  鬼怒川漁協
・4月26日 14.7gを400kg(27200尾)  小倉川漁協
・5月10日 10gを140kg(14000尾)   おじか・きぬ漁協
となりました。約162200尾ですから、放流率は46.3%になります。
残りの鮎は成魚まで育てて、おとりや食用での販売に向けられます。
いずれにしましても、取りあえずは一段落しました。一息つけます。


放流からの帰り道、午後2時過ぎだったでしょうか?
とちぎの管釣りフィッシングラリーのメンバーである【宇都宮インターレーク】さんに寄ってみました。
オーナーの金野氏と10分ほどの立ち話をしてきました。
こちらも来週で今シーズンの営業を終了するとのことです。

当場も、今日は日曜日にもかかわらず、午前のお客様は8名。午後からとイブニングのお客様とでようやく20名を超えました。
GW疲れもあるのでしょうが、終盤感が漂っています。








ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.