管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
写経とレインボーマン
今年と来年は、お寺(金剛定寺・真言宗)の役員になっています。
そのため年に何回かは役員会に出席し、必要なものを7軒ある地元の檀家さんに配ったり護摩供料などの集金をしたりします。
この時期には、正月を迎えるための色々なものを集めます。
その一つに、般若心経の写経があります。
特殊な半紙にすでに薄く文字が書かれていて、それを筆ペンでなぞって書いていきます。
これまでは父がやっていましたが、今回初めて私が写経をやってみました。

2712071.jpg字を書くのが下手くそなので、この写真を載せることに若干の抵抗がありますが、こんなものだということで。
書き始めのうちは、1行書くごとに「あと○○行ぐらいか・・・」などと、早く終わりたくてしょうが無かったのですが、途中からそんなことは気にならなくなり、「こんな字も使ってるんだ・・」と書くことに集中していきました。
「『呪』という字は何故口偏に兄なんだろう?」とか思いながら。

また、書きながら子どもの頃にテレビで見ていた【愛の戦士 レインボーマン】
http://akhd.sakura.ne.jp/tvhero/Rainbowman.htmlを思い出しました。

何故なら、主人公が変身する時のセリフが「アノクタラサンミャクサンボダイ」という般若心経の一節なのです。
当然子どもの頃は訳分かりません。
知ったのは大人になってからだったと思います。真言宗の葬儀に出たときでしょう。
主題歌の出だしも、「インドの山奥で修行をして、ダイバダッタの魂宿し・・・」という歌詞でした(替え歌も流行ました)から、すごく仏教的なヒーローだったんですね。
ただ、手塚治虫の【ブッダ】や中村光の【聖おにいさん】などではダイバダッタは悪人として書かれていますので、それを知った時には複雑だったですね。聖者だと思ってましたから。
でも、一人で七変化するヒーローは斬新でしたね。
友人の多くは、太陽の化身であるオールマイティなダッシュ7が好きでしたが、実は私は密かに草木の化身であるダッシュ4が好きでした。
40数年ぶりのカミングアウトです。



ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.