管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
お次は何?
4日前に「お日様が恋しい」と書いたら、次の日から今日まで晴れてくれました。
風が強い日もありましたが、これは仕方がありません。
明日はまた一日雨になりそうですが、冷たい雨ではなさそうです。


一昨日は、湯津上にある【水産試験場(現大田原市・水遊園の隣)】『水産用医薬品適正使用説明会』が行われ、出席してきました。
これも14日に漁連が主催した内水面推進事業と同様に毎年行われているものです。
実際に医薬品の使用説明会が行われるのですが、私の関心はその後になされる水産試験場からの情報提供にあります。
今回は、
・異型細胞性鰓病を中心とした県内アユの疾病発生状況について
・県内におけるIHNウイルスの遺伝的調査について
・低魚粉飼料がアユに与える影響
・プレミアムヤシオマスの効率的生産に向けて
という4つの情報が提供されました。
どれも、我々業者では試験や実験出来ない、「水産試験場ならでは」のものだったですね。
往復3時間近くの時間をかけて、正味1時間30分の説明会に行くだけの価値はあったと思います。


ここでも何度か書いています最近の『壊れブーム』がまだまだ続いています。
一昨日は養殖池の注水用パイプに取り付けている調整バルブが壊れていたことが分かりました。
最初に入れたアユが育ってきているので池分けしようと、空いていた池を掃除してイザ水を出そうとしたら、バルブのハンドルがバカになっていて空回りするばかり。
つまり、水が出せません。
去年から騙し騙し使ってはいたのですが、しばらく閉じていたために本格的にイカレてしまったようです。
同時に、アユの選別作業をする池の注水用バルブも壊れていることも発覚。
どちらも新しいものと交換する他無く、結構痛い出費になります。

今日は今日で、朝の放流を行おうとフォークリフトを使おうとしたら、ギアが入らず。
あの手この手、何度も試しましたがダメ。
昨日までちゃんと使えていて、しかも、ほんの一週間ほど前にメンテナンスをしてもらったばかりっだったのにです。
結局、2トントラックを使って釣り池に放流しました。
こちらは、メンテナンスをしたコマツの担当者に来てもらって直してもらいました。
無料だったのが救いです。

もう、ここまで来ると
「お次は何だ?」
と開き直るしか無いですね。




ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.