管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
ターンオーバー時のフリーパス争奪戦とハクビシン
ターンオーバーの影響でしょうか。
出だしは、ルアーよりもフライの方の方が順調にサクラマスを釣り上げていたようです。
それでも検量してみると、やはり大きいサイズはルアーの方が釣られたものでした。
http://masui-fish.com/event.html

このフリーパス争奪戦は、数よりもサイズの勝負なので仕方の無いことではあります。

また、上手く水に馴染んで池全体に散ってくれるかどうかが心配でしたが、思っていた以上に広範囲で釣れてくれたのでホッとしています。

でも・・・
今日はお客様が少なかったですね。
渓流解禁やいろいろなところでイベント等があるためでしょうが、午前の入場者数は35名でした。
そのうちの何名が携帯メール会員の方かは分かりませんが、この企画としては少ない参加人数と言えるでしょう。
そのため、前日放流したサクラマスは、1人平均7尾ほどの割り当てになりました(まあ、全部が釣れる訳ではありませんが)。
今回は「サクラマス放流の時には悪天候」という『サクラマスの呪い』も無く、良いお天気に恵まれたのですがね。
もしかすると、ターンオーバーを敬遠された方が多かったのかも知れません。


フリーパス争奪戦終了後、昼から地元自治会の総会出席のため公民館に行きました。
すると、公民館前に人だかりが出来ています。
何事かと近づくと、何やら檻のようなものがあり、中にはハクビシンが。
2803271.JPG駆除する業者が捕まえたようです。
ここ10数年、この辺りでもハクビシンの被害が聞かれるようになっていました。
イチゴやトマトのハウス栽培農家が多いのですが、結構ハウスの中に入り込まれて食べられたりしているらしいです。
また、倉庫の屋根裏に巣を作られ糞尿の悪臭で困っているなんてこともあるよう。

うちでも、夕方に死んだ魚を捨てている穴のところにいるのを見たことが何度かあります。
それがコイツかどうかは分かりませんが、いずれにせよ、1匹だけということはあり得ませんから、まだまだいることでしょう。
まだ養殖池の中を泳いでいる姿は見ていませんが、もし生きている魚も食べるとしたら厄介なことこの上ないですね。
カワウやアオサギだけでも手を焼いていますからね。



ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.