管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
アフリカツメガエル
午後に飼料メーカーの代理店が集金に来た際、うなぎのエサの話からアフリカツメガエルの話になりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%84%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB

何でも、病院や製薬会社などの医療関係での需要があるために養殖されていて、エサとしてうなぎ用のものが使われているとのこと。
で、個人で副業的に養殖している人達がいて、この代理店からうなぎのエサを定期的に購入しているのだそう。
どうやらこの事業を取りまとめている企業があるようです。
http://www.geocities.jp/zenopus123/
その会社自体も養殖しているようですが、それだけでは間に合わないために一般の人達に親を提供して養殖させて、規格サイズになったら購入し必要としているところに納めているのだとか。
このことは、変わり種副業としてテレビでも何度か取り上げられたそうです。

うなぎのエサの価格は鮎のそれの約2倍。決して安くはありません。
それでも10年以上継続してエサを購入している人もいるそうですから、それなりに魅力がある副業なのだと思います。

大きな設備は要らなそうですし、繁殖も簡単そう。
回転率も良さそうです。

鮎がダメになったら、アフリカツメガエルの養殖でもしましょうかね〜。


ここ数日、東京オリンピックの水泳やボートなどの各会場が絞られてきていますね。

建設費やその後のコスト、選手や観客の利便性などがポイントになっています。
ですが、その中に、「巨大地震や津波が来たときの避難のしやすさ」という項目がありません。
それが不思議で仕方がありません。










ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.