管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
早いですね~。
もう11月が終わります。今年もあと1ヶ月ですよ!
今シーズンの管理釣場営業も、2ヶ月が経った訳ですね。ここまで本当にあっと言う間です。
これから年を越して、春が来て、渓流が解禁して、管釣りシーズン終了まで一気に進んでしまうかと思うとゾッとしますね。
何がって、それに合わせてまた歳をとることです。


昨日、富山県の立山で訓練していた学生のグループが雪崩に巻き込まれたとのニュースがありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00066957-kitanihon-l16
何でも、室堂から雄山への登山ルートでのこと。
このルートは、私がこの9月に登ったコースです。
その自分が登った場所で若い命が失われたことは残念に思いますし、お悔やみを申し上げる以外に言葉がありません。
改めて冬山の怖さを思い知らされました。


ネットで、「焼き鳥を串から外して食べないで」と訴えている焼き鳥屋さんの話が話題になっています。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1905418.html
2ちゃんねるなどを見ると賛否両論、いや、どちらかというと否定的な意見が多いように思います。
客の自由だろうと。
どちらにせよ、中々面白い話題です。

実はこれ、鮎の塩焼きにも同じようなことが言えるのです。
私たち業者からすれば、串を手で持ってかぶりつくのが普通だろうと思っていますが、
中には「割り箸を下さい」と言って、パックやトレイの上で身をほぐし始める方もいます。
で、骨を取り除いて食べている。
この傾向は、若い女性が多いようです。
私は「そのまま食べて下さい。」とは口に出して言いませんが、心の中では「ほぐしたら食べるところ無くなっちゃうよ。第一、骨ごと食べられるんだから!」と叫んでいますね。


今日はこれから、【フィッシングラリー】http://masui-fish.com/frally.htmlの仲間との忘年会があります。
場所は奇しくも鳥料理屋さん。
おそらく、料理には焼き鳥も出ることでしょう。
さあ、串はどうしましょうかねぇ。


ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.