管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
場所取りの問題
今朝は-6℃まで冷え込みましたが、日が差すようになると少しずつ暖かくなり、強い風も吹かなかったために穏やかな釣り日和となりました。


一昨日ここで「この方以外にも場所取りのあり方に関してはご不満をお持ちの方がいらっしゃるのではないかと推測いたします」と書きましたが、やはりそうだったようで、昨日は当場の主催大会の時に嫌な思いをされたという方からメールをいただきました。

この方の場合は、後から来た方に自分がいない間に狭いスペースに割り込まれたというものです。
これについては、「後から入る方には、先にいる方に一言声をかけて入っても良いかどうかを伺うように促します」とお答えしました。

また、この方からは「以前のように、前日からの場所取りが出来るように戻して欲しい」との要望もありました。
実はこの意見は、他の昔からのお客様方からも時折お聞しているものです。
ですがこれについては今のところ戻すつもりはありません
何故なら、以前のやり方で起きていた問題を解消するために今のやり方に変えたところがあるからです。
その理由をこれまでお伝えしていませんでしたが、この機会ですのでここにそれがどのようなものだったかを書き記します。

・イスやネットなどで場所取りをして家に帰っている間に他の人に移動されていた。
 ひどい場合には、池や裏の側溝に捨てられていた。
・どう見ても、実際に来ている人数以上の数の場所を取る人がいた。
 そのために場所取りの時点で「もう入れない」と諦めなくてはならない人がいた。
 釣り場側は、実際に来る人数までは読めない。
・場所を取っていて当日そこに入れることが分かっているため、暗いうちに自分の前にエサを沈ませておく人がいた。
 1シーズンに3~4つ、エサを入れていたネットが上がっていた。

などです。

これらは、いくら放送などで注意喚起していても無くなりませんでした。
しかし、今のやり方に切り替えた昨シーズンはこれらの問題は起きていません
また、『石の上にも三年』という諺がありますように、切り替えた以上は最低でも3年は続けようとも思っていますのでご理解いただければと思います。

ただ、そうした中でも修正や改善は行う必要はあります。
一昨日改めてハッキリさせた場所取り方法ですが本日一部修正いたします。

入場券購入は1人5枚まで可能としていましたが
1人1枚(親子・ペアの場合は1組)といたします

これでしたら、先のWILD-1 CUPの時のようなことは起きにくくなるかと思います。

それでも、それでも、100%問題が起きないということは無いと思います。
きっとどなたかが不愉快になるような出来事はあるのでしょう。

ですが、多くの場合はお客様同士で声を掛け合うことで解消出来るものだと考えます。
「ここに入っても良いですか?」
「もうちょっと詰めてもらうことは出来ますか?」
「入場券は購入してますか?」
「隣でタバコを吸っても良いですか?」(分煙の呼びかけはしていますが)
......
これが出来る方ばかりで無いということは承知しておりますが、
お客様同士が仲良く楽しんでもらえることが希望です。


昨日Anglig fun誌から
1月31日(火)にノリーズの井上氏の企画で伺います」との連絡がありました。



 
ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.