管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
選別作業
昨日は9時頃まで雨。止んでからも晴れ間は無く、少し強めの北風が1日吹き続けました。
そんなとても寒い状況でしたが、午前から3組のペアが来場されました。
といいますか、昨日は最終的には20数名のお客様に来ていただきました。
寒い中有り難い限りです。
1週間にわたって発行しました【ホワイトデー週間特別ペアチケット】ですが、トータル23組のご利用となりました。
一昨年が20組、昨年が9組でしたから、今年はより多くの関心を持って頂けたということになります。


今日も午前中は寒かったですね。
雨こそ降らなかったものの、風は昨日よりも強く吹きました。
2時頃からは風も収まり釣りやすくなりましたが、昨日ほどのお客様はありませんでした。


そんな中、12月に1gで池入れした60000尾の鮎が育ってきて1面では窮屈になってきたために、取り上げて大小に選別して2面に分けました。
帳面上は12.3gで740kgになっている計算です。
それが、
大・・・16.6gが420kg(25000尾)
小・・・12.9gが400kg(31000尾)
という結果でした。
60000尾が56000尾に減耗しています。4000尾足りません。率にして93.3%。
ほとんど死んでいなかった事を考えると、ちょっと悪い数字ですね。
で、重量は820kgですから110%に。サイズ的には平均が14.6gですから、118.7%です。
これは、見立てよりも実際の飼料効率が良かったということになります。
まあ、これは毎年そうなんですけど。

ただ、今年の鮎はヌメリが凄いです。
触ったらツルツル。非常に良い状態です、これは。
エサに加えている天然ミネラルとビタミンの効果が十分に発揮されているようです。
ちょっとだけモチベーションが上がりますね。

あ~、それにしても。
胴付き長靴を履いて池の中で2時間近くの選別作業。
年々自分の体力や筋力が衰えていることを実感させられます。
おまけに腰も痛いですから、余計に辛く感じます。
もう、テキパキと動けない歳なんだな~と、さっきちょっとだけ上がったモチベーションもこっちで下げて±0ですね(泣)


ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.