管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
カワウとロケット花火
春分の日を過ぎたこともあり、最近は夜が明けるのが早くなりました。
そのために、カワウの飛来も早くなっています。まあ、毎年のことではあります。
今朝は5:40頃に管理棟に入りましたが、その時にはすでにカワウが1羽釣り池に着水していました。
群れじゃ無かったことに、ちょっと安心です。
ヤツは私が来たのを見ていったん飛び上がりましたが、上空を旋回し続けています。
また降りてくる可能性がありそうでしたので、ロケット花火を1発打って追い払いました。
ロケット花火を打ったのは、今シーズン4度目になるでしょうか。


そのロケット花火ですが、回覧版で鬼怒川漁協の平石・清原支部からのチラシが回りました。
『川鵜追い払い時のロケット花火騒音について(お願い)』という表題です。
4月1日からの鮎の放流に伴い、監視員や猟友会が合同でカワウの追い払いや駆除を実施することになっていて、ロケット花火も使用するので地域の人達にご理解とご協力をお願いしたい、というものです。
初めてですね。こういうものが回されたのは。
以前から監視員が打ち上げるロケット花火に対して近隣から苦情が寄せられていたことは聞いていました。
その事を受けて、今年は事前に告知しておこうということでしょう。
何しろかなりの予算をかけて放流する鮎です。カワウから守るためには、ロケット花火を使うことは現時点では仕方の無いことだと思います。
また、苦情があるからといって、すぐに止めるわけにもいかないことも分かります。有効な代案があれば良いのでしょうけど、今はありませんからね。
そのためには、このように告知しておくことは大事なことだと思いますね。

「幸いに」と言って良いでしょうか、うちで打ち上げるロケット花火への苦情はこれまでありません。
打ち上げる頻度が少ないことと、地元のものがやっているということがあるのでしょう。
私自身は、これでも打ち上げる時には近隣に対して少しは気を遣っているんですよ。
出来るなら使わないで済ませられればとも思っています。
そのためには、もっと早く軽トラックで池周りを走ることが必要になってきますが。
今日辺りだと5:20頃には明るくなっているようです。で、これからどんどん夜明けは早くなってくる。

また、労働時間が長くなってきますね~。
カワウに早朝出勤手当を請求したいですわ、ホント(泣)。

ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.