管理釣り場増井養魚場

管理釣り場でのルアーフライフィッシングは増井養魚場へ。
ヤシオマスなどの大型魚からサクラマスやヤマメ、ブラウントラウトなど豊富な
魚種が放流されている栃木県宇都宮市の釣り堀です。おいしい鮎の直売も行っています。

ルアー&フライ増井養魚場

今日の出来事

今日の出来事
日常に感謝
天気も良く、風もない穏やかな釣り日和でしたが、お客様の少ない一日でした。


ニュースでは横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから今日で40年目だということを取り上げていました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171115/k10011223611000.html

現在存命中なら53歳。
私の妻と同い年です。
テレビ画面に映る80代半ばになるご両親の姿も、見ていて辛くなります。
何とかお元気なうちに再会してもらいたいと心から願うばかりです。


そう言えば昨日は、その妻と結婚式をしてから30年目でした。
式場は今のコンセーレ。当時は青年会館と呼んでいました。
http://www.concere.jp/
今でも結婚式をやっているのでしょうか?


特にお祝いすることもなく、ひっそりと昨日は過ぎていきましたね
結婚式で今でも覚えているのは、ゴンドラから下りてくるときの恥ずかしさです。
当時はそういう演出が流行っていて、妻が「どうしてもやりたい!」というのでやりましたが、
今思い出しても、穴を掘ってでも入りたいぐらいの恥ずかしさです。

加えて、当時の髪型です。
子どもの頃から現在までほぼ髪型に変わりはありませんが、結婚式の時だけカッチリと七三分けになりました。
いや、八二分けに近いかも。
理容店をしているおじさんから「格好良くしてやるから、当日の朝に来い」と言われ、るんるん気分で行って着席。
整髪が進むにつれて、豊田元議員よろしく「ちーがーうーだーろー」と大声を出したくなりましたが、そこは普段から世話になっているおじさんです。
好意でやってくれていることもあり、そんなことはおくびにも出さずに「ありがとう」という魔法の言葉で感謝を伝えました。

今でもたまに子ども達(その連れ合いも)と当時の映像を見ることがありますが、その度に頭を指さされますね。
でもまぁ、こうやって笑い話に出来るのも今も何とか生きているからだし、皆が元気で過ごせているからです。

横田夫妻の事を思うと、当たり前の日常に感謝しなくてはなりませんねぇ。
ホーム 今日の出来事一覧
鮎の直売 ヤシオマスの料理レシピ 鮎の放射線量測定しました

栃木県の放射線量について

増井養魚場のfacebookページ 釣り掘モバイル ルアー&フライメール会員募集中
リンクのご案内 管理釣り場増井養魚場へのお問い合わせ 増井養魚場までのアクセス

【増井養魚場】 栃木県宇都宮市桑島町448 TEL:028-667-1048 FAX:028-667-1079
Copyright(C)2009 Masui-Fish Co.Ltd. All Right Reserved.